展示会出展情報!
詳しくはこちら
太陽光発電システム メンテナンスサービス
太陽光発電システムを長期的に稼働させるためには、システムに異常がないか点検・調査することが必要です。
当社では基本的な点検サービスをおまとめした基本パックを提供しています。
メンテナンス基本パック1回60,000円

点検

監視システムによる発電量のチェックだけではなく、プロの目による目視点検と計測作業により、
発電システムの安定的かつ安全な運用をサポートいたします。

実施項目 点検方法
太陽電池パネル ガラス表面の汚れ・破損・障害物(落ち葉等) 目視
フレームの破損・変形
固定ボルト・ナット(ネジ)の緩み・脱落
配線の損傷・緩み・断線
ジャンクションボックスの変形・ケーブル外れ(※2)
バックシートの熱等による変色(※2)
紛失(盗難等)
架台 固定ボルト・ナット(ネジ)の緩み・脱落 目視
破損・腐食(錆)
集電箱
(直流・交流)(接続箱)
破損・腐食(錆)・変色 目視
配線の損傷・緩み・断線
ブレーカー作動テスト 作動テスト
延長ケーブル 断線・腐食
目視
ケーブルラック・電線管の破損・腐食(錆)・変色
パワコン 破損・腐食(錆)・変色 目視
「結露」・「水の侵入」の確認
異音・異臭・過熱
配線の損傷・緩み・断線
端子台、固定ネジの緩み
ファン作動音の確認 作動音の確認
ブレーカー作動テスト 作動テスト
外箱、異常温度の確認 温度の確認(触診)
運転履歴(エラー履歴)の確認 目視(表示モニタ操作)
精算発電量の確認
フィルターの清掃 清掃
計測 IVカーブ 開放電圧(Voc)・短路電流(Isc)・最大出力(Pmax) 測定(全回路)
太陽電池パネル 絶縁抵抗 測定(全回路)
接地抵抗 測定
パワコン 絶縁抵抗 測定
メンテナンスメンテナンス IVカーブトレーサでの発電量測定
太陽電池の性能チェックは一般の電圧測定だけでは判断できません。正確にチェックするには負荷試験で電流電圧特性(IVカーブ)を測定することが重要です。
IVカーブトレーサでは、発電システムに異常が無いかを系統ごとに計測することが可能です。

メンテナンスメンテナンス 調査のあと、結果をレポートにて提出させていただきます。
条件 条件 ※お使いの太陽光発電システムが50kW未満の場合に限ります。
※150%以上の過積載の場合など、設置内容によっては別途ご相談させていただく場合がございます。
※住宅に設置されている太陽光発電システムも承ります。
各種オプションもございます

遠隔監視

監視モニターを設置し、PCやタブレット端末で24時間発電状況を確認することが可能。発電量や消費電力をチェックできます。また、発電状況を管理し、シミュレーションとの比較などのレポート作成も可能です。

除草作業

遊休地や野立ての太陽光発電システムは雑草の影響を受けやすく、発電量の損失につながります。また、架台やパネルに巻き付いた雑草が電気事故などを引き起こす原因にもつながります。特に肥えた土壌などでは、定期的な除草作業をおこなうことが必要です。

パネル洗浄

発電量の低下につながりやすい、ソーラーパネルの汚れを中性洗剤等で落とします。鳥の糞や花粉・黄砂など、風雨では落ちない汚れに有効です。水道水や高圧洗浄機の利用、雑巾で拭くなどの行為は故障の原因にもなるため、個人では対応できないパネルの清掃にオススメです。

防草シート

雑草の草丈がソーラーパネルの高さ以上に成長すると、パネル上に影を作ったり、鳥獣や虫がパネルに集まることでパネルが汚れやすくなったり、雑草のつるが配線へ絡みつき運用障害を起こしたりと発電量低下や故障の原因になる場合があります。お客様の土地・ご予算に合わせた最適なシートの選定、施工方法をご提案いたします。

その他の各種点検作業も承ります。まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。


お見積り・お問い合わせ
0120-040-104
[受付時間]9:00〜18:00(日曜・祝日除く)
※間違い電話にご注意ください。